青森県のガラス工芸品、津軽びいどろは宙吹きの技法で作られたグラスや酒器セット,花瓶、箸置きなどがあります


  • 北海道で発生した地震による配送停止のお知らせ

    9月6日に北海道で発生した地震の影響により、北海道地域への商品の発送及び出荷を見合わせております。
    お客様にはご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

トランパランTOP > ブランドから選ぶ > 津軽びいどろ

津軽びいどろ

高い技術を持った職人たちが紡いだ北洋硝子と津軽びいどろの歴史

「津軽びいどろ」を生産する北洋硝子の始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からでした。 当時は他にも浮玉を製造する工場がありましたが、北洋硝子の吹き上げる浮玉は他に比べ丈夫である、という確かな品質の評価を得て、1973年には国内トップの生産高となりました。 その後長年の浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を用い、青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスの創作に取り組み、1977年、「津軽びいどろ」が誕生しました。 職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、現在では青森県伝統工芸品の指定を受けるに至りました。 多様な技術・技法、自分たちで作り上げた色ガラスを取り入れた商品は、日本を代表するハンドメイドガラスとし てテーブルウェアだけでなくライフスタイル全般に豊かな彩りと季節感を演出しています。 かつて浮玉を吹いていた職人達の技術と精神を引き継いだ伝統工芸士と、若い硝子職人達が心を合わせ、「津軽びいどろ」は脈々と作り続けられていきます。

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示 



16 件中 1-16 件表示 







16 件中 1-16 件表示 

津軽びいどろは、昭和61年に津軽地方にある七里長浜からすくい上げた砂を硝子の原料に加えて作って出来た渋い緑褐色が特徴の硝子です(現在は七里浜長浜の砂を使用していません)。紀元前一世紀頃から受け継がれてきた「宙吹き」の技法で作られています。現在の津軽びいどろは、緑や青・赤・黄色・白・黒色など様々な色があります。

青森県で生産される工芸品。紀元前から続く“宙吹き”の技法を用いてつくられるガラス製品です。緑褐色の色合いが特徴。近年ではよりカラフルな製品も生産され、県の伝統工芸品に指定されております。